偉人の言葉、名言、格言、座右の銘『『武士とは、常に修羅道を生きるべき』戸川秀安

名言・格言・偉人の言葉『武士とは、常に修羅道を生きるべき』戸川秀安

『武士とは、常に修羅道を生きるべき』戸川秀安という言葉があなたを元気にします。

 

 

この名言、格言『武士とは、常に修羅道を生きるべき』戸川秀安が好きな方におすすめの名言、格言、座右の銘

  • 石上樹下
  • 好きだから好き、理由なんてない。
  • 笑う乙女は、もう半分手にはいったようなもの。
  • 今から古を見るのは、古から今を見るのと少しも変りはないさ
  • 万全之策
  • 駟介旁旁
  • 女の子の場合、どんなに幼くても恋愛のことなら心得ているものよ。年をとるにしたがって培われるのは、愛に傷つく能力ね。
  • 過ちを認めるのを恥じてはならない。昨日より今日のほうが賢くなっているのを示すのだから。
  • 自分なりの思い込みを持っている人は強い。自分のやっていることが正解なんだと信じていれば、それが自信につながる。
  • 悪い人々に対する非難や拒絶によって自分を浪費することがないように。むしろ善き人々の美徳を称えよう。
  • 未来を思いわずらうな。必要ならば、君は今現在のことに用いるのと同じ理性をたずさえて、未来のことに立ち向かうであろう。
  • 疑わば用いるなかれ用いて疑うなかれ
  • 届かない声なんて、きっと、ない。
  • 粟散辺土
  • もうダメかもしれないと思った時に座り込んではいけませんよ一度座り込んでしまったら二度と立てなくなりますからね
  • 私達は「それはもう読んだよ」と言うために読書をする。
  • 過去が変えられないのなら、変えるべきは、未来だ。そのために、俺の命はある。
  • 楽しめる間にできるだけ楽しみなさい
  • 長い長い坂をのぼって後ろを見てごらん誰もいないだろう長い長い坂をおりて後ろを見てごらんみんなが上で手を振るさ
  • 人間は心の底ではまったく死を嫌悪していない。死ぬのを楽しみにさえしている。消えてゆくランプに苦しみはないのである。
  • どんなに愛しているかを話すことができるのは、すこしも愛してないからである。
  • 宗教は生活の腐敗を防ぐべき香料である。
  • 井蛙之見
  • 猿猴捉月
  • 冰壷秋月
  • 私は明日を恐れない。何故なら私は、昨日を知ったし今日を愛しているからだ
  • 毎日を最後の一日のように思いつつ生きよ。
  • 友情は見返りを求めない。
  • 結婚はまさしく相互の誤解にもとづくものである。
  • 五月の朝の新緑と薫風は私の生活を貴族にする。
  • 雪魄氷姿
  • いかなる犯罪の源泉も、若干の思慮分別の欠如、理性の錯誤、情熱の爆発的な力である。
  • 自惚れは苦しみの源泉である。自惚れが消えた時から、人生の幸福な時期が始まる。
  • 検閲を用い、要求するのは権力者であり、言論の自由を求めるのは身分の低い人たちである。
  • 流れに沿って泳ぐのは死んだ魚だけだということを決して忘れないように。
  • 王述擲卵
  • 探偵術において最も重要なのは、数多くの事実の中から、どれだけ付随的な事情でどれが重要な事柄なのか見分ける能力です
  • 全ての享楽と、全ての幸福とは消極的なものだが、苦労は積極的なものだ。
  • 笑顔で生きんしゃい
  • 生き生きしていない観念によるような教育は、無用であるだけではありません。何よりも有害なのです。
  • あらゆる人間は、自分以外の人はすべて死ぬと思っている。
  • 三千寵愛
  • この空の下に…私たちを祝福する場所はありません。
  • 過ちを繰り返すたび、人はまた強くなる。
  • 仙才鬼才
  • 銃が人を殺すんじゃない。退屈が人を殺すんだ
  • ユニクロでいちばん発言力のある人、それは社長ではなく、お客様です。
  • 女は己をよろこぶ者のためにかほづくりする。
  • 人間は努力する限り迷うものだ。
  • 人生の本舞台は常に将来にあり。
  • 新進気鋭
  • 天下のこと万変といえども、吾がこれに応ずるゆえんは、喜怒哀楽の四者を出でず。
  • 円頓止観
  • 世間の男は女をモノにしようとするときには、とかく自分の魅力をひけらかそうとする。だが、1番の近道は、その女がいかに魅力的かを褒め称えることだ。たとえまったくの嘘っぱちでも。
  • 欠点は組み合わせによって長所になる。
  • 博聞彊記
  • 試合に100球投げるとすれば、重要なのはそのうちの20球で、そこに全力集中できるかどうかだ。
  • 真に重要な哲学の問題はひとつしかない。それは自殺だ。人生を苦しんで生きるに値するか、否かという判断をすること、これが哲学の基本的な質問に答えることだ。
  • 自分ひとりで勝手に狂人になり、自分の狂気のなかに閉じこもっている分にゃ、それほど悪いこともなかろうさ。
  • 待てば海路の日和あり