偉人の言葉、名言、格言、座右の銘『一期一会』-

名言・格言・偉人の言葉『一期一会』-

出会いは大切に。一期一会(いちごいちえ)とは、茶道に由来することわざ。あなたとこうして出会っていますこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。だから、この一瞬を大切に思い、今最高のおもてなしをしましょうという意味の、千利休の言葉、名言です。わかりやすく言えば、これからも何度でも会うことはあるだろうが、もしかしましたら二度とは会えないかもしれないという覚悟で人には接しなさい、ということです。

 

 

この名言、格言『一期一会』-が好きな方におすすめの名言、格言、座右の銘

  • 座右の銘 『優しくなるために強くならなければいけない』井上雄彦
  • 名言 『出会いがあるから、別れが来るのです・・・』ポケットビスケッツ
  • 名言 『人はあまりにもつまらぬものを読みすぎているよ。時間を浪費するだけで、何も得るところがない。そもそも人は、いつも驚嘆するものだけを読むべきだ。』ゲーテ
  • 格言 『未来の世代の幸福のために現在の世代の幸福を犠牲にする政策は、自殺政策である。というのは、自己の完成をなし得ない人類は、際限ない、しかも、無益な犠牲を続ける結果になるであろうから。』グールモン
  • 座右の銘 『うつむいてしかられぶりのよい女房』古川柳
  • 格言 『心の清い人たちは幸いである』新約聖書/-マタイによる福音書
  • 座右の銘 『偉大な人物になるには、ハングリーでなくてはいけない。』サミュエル・ジョンソン
  • 座右の銘 『あんまり誰かを崇拝するということは、自分の自由を失うことなんだ』スナフキンの様な私の兄
  • 偉人の言葉 『探検は知的情熱の肉体的表現である。』チェーホフ
  • 格言 『中途半端な正義が一番の悪や!』伝説の教師
  • 偉人の言葉 『懐疑は知的な疑念を意味するのみではなく、道徳的な疑念をも意味する。』A・カーネギー
  • 偉人の言葉 『若いうちの苦労は買ってでもしろ。』一般
  • 座右の銘 『励ましの基本は、褒めることだ。』小出義雄
  • 人生訓 『友情という神聖な情熱は、実に美しく、揺るぎ無く、気高く、永続的な性質を持っている。だから、それは全生涯を通して存続するものだ。ただ、金を貸してくれとさえいわれぬ限り。』たぶんマークコールマン
  • 格言 『自分が嫌なことは、人にはしないようにしましょう、と言いますね。これは尤(もっと)もなことです。只(ただ)、世界中に人がそのようにすれば、世界は平和になります、というのはどうでしょうか。綺麗事ですね。自分が嫌でなくても、人は嫌なことというのは、幾らでもありますし、勿論(もちろん)その逆もある。そういうところから、人は傷つけあってしまうということを、綺麗事でなく教えなくてはならないと思います。』山田太郎ものがたり
  • 人生訓 『そのままでいいがな』相田みつを
  • 人生訓 『新鮮な空気やすがすがしさは、たまには良いものである。しかし、忘れてはいけないのは、偉業や人生の楽しみの多くは汚れた空気の中にある、と言うことだ。』オリバー・ウェンデル・ホームズ
  • 名言 『人間は、ただ神の遊びの具』プラトン
  • 名言 『与えることは最高の喜びなのだ他人に喜びを運ぶ人は、それによって自分自身の喜びと満足をえる』ウィリアム・ウォード
  • 人生訓 『私漢字全部知ってますから』西川史子
  • 名言 『この世界に一つだけ君は世界に一人だけ』RIPSLYME
  • 名言 『あめつちの初めは今日より始まる。』北畠親房
  • 座右の銘 『あらゆる詐欺の中で最も最悪なものは自己欺瞞である。』機神飛翔デモンベイン
  • 座右の銘 『家を買う時は梁を見る。妻をとる時はその母親を見よ。』中国の革命家
  • 偉人の言葉 『真面目に恋をする男は、恋人の前では困惑し、拙劣であり、愛嬌もろくに無いものである。』カント
  • 名言 『自分の知識をひけらかしてばかりいたら、成長にとって必要な自らの無知を自覚することなど、どうしてできるだろうか』ソロー
  • 人生訓 『われわれは子供たちに頼れるものを与えていない、人はコンピューターやゲーム、デザイナーズブランドの洋服、かわいい自分の容姿、自分の格好のよさに頼っていられるわけではない。人が頼りにできるのはその人自身だけなのだ。』マーティン・ルーサー・キング・ジュニア
  • 偉人の言葉 『私が一つの欲望を持つかぎり、私は一つの生きる理由を持つ。満足は死である。』オードリー=ヘップバーン
  • 名言 『本番中のケガは芸人のビタミン剤!』イポリット・テーヌ
  • 偉人の言葉 『我々は、我々の内部に美しいものすべての原像を秘めているが、だれひとりその像には似ていない。真にすぐれた人は、その像のまえに身をかがめ、そして世の中を生きるうちに忘れてしまった謙虚さを学ぶのだ。』ヘルマン・ゲーリング